« 捨てる情報、拾う情報の見極め方02 | トップページ | 捨てる情報、拾う情報の見極め方04 »

2009年1月 1日 (木)

捨てる情報、拾う情報の見極め方03

だからといって、
古典のエッセンスをストレートに伝えても、
組織内部の人間さえ動かせないでしょう。
今の時代に置き換えて、
伝わる言葉で伝えなければ、
知識は古い権威として退けられます。
企業であれば、
社是社訓をアレンジする工夫が必要です。

きちんとした知識に支えられた企業は、
経営活動に合理的な判断を下せますから、
針路に誤りが少なくなります。
常に整合性を捉え直し、
情報の価値転換を推進すれば、
蓄えた知的財産を
いつまでも豊かに活用できるのです。

時代の先端と底流をしっかりと押さえておけば、
さまざまな情報に振り回されなくなります。
そのうえで、企業の価値観と異なる情報や、
新しい出会いを積極的に求める姿勢が必要です。
背筋の通った経営理念に基づいてこそ、
フレキシビリティが活かされます。

一流の経営者は、
そのターニングポイントで、
勘やヒラメキを重視します。
言葉に置き換えられなくとも、
積み重ねてきた人生観や価値観で、
企業に必要とされるコンセプトを
嗅ぎ分けるのです。
そうした成功法則に裏付けられているからこそ、
来る者は拒まず去る者は追わず、
虚心坦懐にさまざまなメッセージを
受け入れられるのです。

|

« 捨てる情報、拾う情報の見極め方02 | トップページ | 捨てる情報、拾う情報の見極め方04 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/25839860

この記事へのトラックバック一覧です: 捨てる情報、拾う情報の見極め方03:

« 捨てる情報、拾う情報の見極め方02 | トップページ | 捨てる情報、拾う情報の見極め方04 »