« ホームページのコンテンツ更新04 | トップページ | PR誌で定期的にメッセージを伝える02 »

2009年1月15日 (木)

PR誌で定期的にメッセージを伝える01

企業メッセージを伝えるのに、
ホームページだけでは
目的を達せられません。

最大の理由は、
インターネットにアクセスしない人に、
企業メッセージを伝えられないからです。
ターゲットが年輩者であったり、
コンピュータに関心がなければ、
アナログの方法論を選んだほうが適切です。
誰でもすぐに読める
PR誌やフリーペーパーが有効になります。

だからといって、
PR誌やフリーペーパーの制作と、
ホームページのコンテンツ制作を
切り離して考えることはありません。

伝えたい情報の内容は
同じなのですから、
相互に連動した企画編集を
進めたほうが合理的です。

PR誌の代表的なものとして、
資生堂の『花椿』があります。
1937年に創刊され、
戦時中には休刊を余儀なくされましたが、
1950年には復刊され
2000年の6月には通巻600号を迎えました。
今でも毎月刊行されています。

『花椿』のコンセプトは、
化粧品に限らず
広く文化を発信することであり、
現代詩花椿賞を設定したり、
一流文化人の寄稿を求めることで、
雑誌としても
高いクオリティを実現しています。
年間12冊を合本にした書籍は
限定部数の刊行ですが、
都内有名書店では
すぐにベストセラー1位にランクされ、
売り切れになるほど人気を集めていました。

|

« ホームページのコンテンツ更新04 | トップページ | PR誌で定期的にメッセージを伝える02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/26728547

この記事へのトラックバック一覧です: PR誌で定期的にメッセージを伝える01:

« ホームページのコンテンツ更新04 | トップページ | PR誌で定期的にメッセージを伝える02 »