« 双方向のコミュニケーション04 | トップページ | ライフスタイルに合致した価値観02 »

2008年11月15日 (土)

ライフスタイルに合致した価値観01

日本人は農耕民族で、
定住型の思考パラダイムと考えられています。
これに対して欧米人は狩猟民族で、
遊牧型の思考パラダイムと言われます。
年功序列、終身雇用、企業組合に
象徴される日本型経営は、
長い間私たち日本人の特性に
馴染んだものと考えられました。
ところが、こうしたスタイルが、
諸々の事情から疑問視されました。

ひとつには、企業コストの視点から
人件費が見直され、
流動的な人事システムに
移行せざるを得なかったからです。
資産と利益のバランスの中で
人件費を収めようとすれば、
アウトソーシングも含め、
大幅なリストラクチャリングが求められます。
寄らば大樹の陰の発想を、
大企業でさえ容認できなくなったということです。

働く側にしてみれば、
定年まで有効期限のあるパスポートを、
途中で採り上げられた気分になります。
納得できない業務命令や人事異動に従い続け、
あげくの果てにお払い箱かと、
恨み言のひとつも
こぼしたくなる気持ちはよくわかります。

言いたいことがあるなら、きちんとルールに従って、
自分の意見を主張すべきだったと気づくには、
少しばかり遅すぎたようです。
こうした経験をした人や、周囲で目撃した人は、
組織と個人の一体感を失います。
自分の頭で考え、自分の足で歩かなければ、
人生は切り開けないと悟ります。
企業の側でも、自主独立の精神を奨励します。

|

« 双方向のコミュニケーション04 | トップページ | ライフスタイルに合致した価値観02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/24908270

この記事へのトラックバック一覧です: ライフスタイルに合致した価値観01:

« 双方向のコミュニケーション04 | トップページ | ライフスタイルに合致した価値観02 »