« お客さまに何を提供できるのか 01 | トップページ | 会社を中心にしたコミュニティ01 »

2008年10月10日 (金)

お客さまに何を提供できるのか02

モバイルからインターネットへの
アクセスが当たり前になると、
自分が置かれている状況に対して
適切な情報を望むようになる。
こうしたニーズに
対応するために提唱されたのが、
J・F・マーシャルが説く
コンテクスト・マーケティング。

コンテクストを直訳すれば、
文脈という意味になる。
お客さまのライフスタイルや
趣味嗜好に合わせて、
違和感を覚えない提案を
控えめに行うために、
個別な情報を蓄積し
データとして取り込んでいく。
お客さまが
心地よく受け入れられる
ガイダンスを提供する。

一番わかりやすいのは、
ショッピングセンターに
来店しているお客さまに、
イベントの開催などを
館内放送でアナウンスするケース。
購買する気になっている状況で、
お買い得情報を伝えられたら、
自然と足が向かう。

同じ発想で
モバイルを経由したアンケート調査や、
期間を限定した割引情報を提供していけば、
気軽にレスポンスに応じてもらえる。
ターゲットを絞り込んだ
キャンペーンを展開するにも、
コミュニティに参加するエンドユーザーに
認知されやすくなる。

|

« お客さまに何を提供できるのか 01 | トップページ | 会社を中心にしたコミュニティ01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/24159379

この記事へのトラックバック一覧です: お客さまに何を提供できるのか02:

« お客さまに何を提供できるのか 01 | トップページ | 会社を中心にしたコミュニティ01 »