« 一人ひとりの部下と向かい合う 02 | トップページ | 周囲に人垣ができるリーダー02 »

2008年10月29日 (水)

周囲に人垣ができるリーダー01

部下が目標にしたいのは、
周囲に人垣ができる営業マネージャー。
同じ年数の経験を積んでいても、
誰も近寄らない人がいる。
仕事ができるからといって、
部下や後輩から慕われるとは限らない。

どうすれば人間的魅力を備えられるのか。

嫌われる営業マネージャーの典型は、
公私混同する人。
名刺の肩書を会社からの免罪符と考え、
専制君主のように振る舞おうとする。
女性社員をアゴで使い、
仕事の途中でタバコを買いに走らせる。
スキンシップと称して、
やたらと身体に触れようとする。
部下を叱るときに、
過去の失敗をいつまでも蒸し返す。
相手の人格を平気で攻撃し、
家族に対してまで批判が及ぶ。
会社の上層部には決して逆らわず、
弱い立場の人に責任を押しつける。

内心では反発を感じながら、
宮仕えだから仕方ないとあきらめて、
イヤな上司や先輩に寄り添っていけば、
自分もイヤな営業マネージャーになる。
本気で人に慕われようと思うなら、
嫌われている上司を反面教師と捉え、
自分の身を慎むこと。

大きな仕事を成し遂げるには、
自分ひとりだけの力では無理。
たくさんの人に支えられ、
足りないところを補ってもらわねば、
仕事のキャパシティは広がらない。
営業という仕事を通して、
どのように自己実現を図りたいのか、
最後は自分自身で決断を下さざるを得ないが、
どこへ行っても通用するには、
人から慕われることが絶対条件。

|

« 一人ひとりの部下と向かい合う 02 | トップページ | 周囲に人垣ができるリーダー02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/24160310

この記事へのトラックバック一覧です: 周囲に人垣ができるリーダー01:

« 一人ひとりの部下と向かい合う 02 | トップページ | 周囲に人垣ができるリーダー02 »