« 会社を中心にしたコミュニティ02 | トップページ | 情報発信のプラットホーム 02 »

2008年10月13日 (月)

情報発信のプラットホーム 01

さまざまな情報が飛び交う中で、
常に適切な情報を発信していかねば、
営業の存在感を内外に示せない。
営業マンのプレゼンテーションからwebまで、
あらゆる角度から組織的に情報を発信する発想が、
営業マネージャーに求められていく。

新しい情報を提供するには、
さまざまなハードルを乗り越え、
クオリティの高い内容を維持することが必要。
新商品の発売を予告するにも、
ネーミングや販売価格を羅列するだけでは、
お客さまは振り向いてくれない。

ホームページを覗いても、
事実を報告するだけのサイトは、
アクセスする魅力がない。
社内文書を閲覧させるような姿勢では、
プラットホームに集まる人と
価値観を共有できない。
伝えたい相手に伝わるように、
情報を転換してメッセージにすること。

長期的視野に立ち、
コンテンツを練り上げることが重要。
新商品を紹介するにも、
従来の商品とどこが違うのか、
どのような人に利便をもたらすのか、
経営計画の中でどのように位置付けられるのか、
一つひとつ掘り下げる。

企画開発スタッフのコメントを添えたり、
デザイナーの狙いを明らかにしたり、
お客さまに商品が身近になるように、
創意工夫を重ねてメッセージを編集する。
事前の準備を周到に進めなければ、
人を動かす力を持つ情報へ加工できない。

|

« 会社を中心にしたコミュニティ02 | トップページ | 情報発信のプラットホーム 02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/24159655

この記事へのトラックバック一覧です: 情報発信のプラットホーム 01:

« 会社を中心にしたコミュニティ02 | トップページ | 情報発信のプラットホーム 02 »