« チームワークを重視する 02 | トップページ | 仕事を任せ役割を分担する 02 »

2008年9月15日 (月)

仕事を任せ役割を分担する 01

アメリカでは1990年代から、
エンパワーメントという手法が
盛んに用いられている。
権限を委譲しながら、
一人ひとりの能力を引き出す。
ビジネス現場での
スピードが求められる状況で、
営業マンのフレキシブルな対応が実現する。

エンパワーメントは権限の丸投げでなく、
営業マネージャーと部下の
双方向のコミュニケーションに基づき、
幅広い可能性を掘り下げるのが目的。
思い通りに仕事を進めさせながら、
的確にアドバイスして、
最終責任を回避しない。

会社の目的や方針をきちんと説明し、
パートナーとして部下に接する。
部下はお客さまの反応を機敏に察し、
大きな裁量権の中で最適な判断を下す。
信頼されていることが前提になるから、
それぞれの部下が
自律的に行動せざるを得ない。

会社という組織に頼らず、
営業マネージャーのパワーに甘えず、
それでいて
お互いを信頼する部下が集まれば、
ポジティブに
競い合う強いチームに成長する。

営業マネージャーに
新しい試みにチャレンジする勇気と、
部下の失敗を包み込む度量がなければ、
営業マンの潜在能力は簡単に引き出せない。
思い切ってやらせてみて、
すべての責任を一身に負う。
それだけの気持ちがなければ、
競い合う組織の
リーダーシップを発揮できない。

|

« チームワークを重視する 02 | トップページ | 仕事を任せ役割を分担する 02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/23393542

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事を任せ役割を分担する 01:

« チームワークを重視する 02 | トップページ | 仕事を任せ役割を分担する 02 »