« 人生は何度でもやり直せる01 | トップページ | 運を呼び込む執念を持っているか01 »

2008年7月 5日 (土)

人生は何度でもやり直せる02

自分が渦の中に巻き込まれていると、
どうしても全体の状況が見えない。

狭い視野で
すべてを判断しまいがち。
会社の肩書や収入の差が、
些細なことには思えない。

しかし世の中は広く、人生は長い。

何が失敗で、何が成功か、
柩の蓋を閉じるまでわからない。

とりあえず今日を生きてさえいれば、
明日のことを考えられる。
明日のために行動すれば、や
がて結果が実を結ぶ。
間違えていたら、再びやり直せば良い。

私は会社に勤めていたときに、
営業畑ひと筋に歩んできたわけではない。
会社の事情で現場をすべて経験させられた。
異動の辞令を受けるたび、一から仕事を覚えた。

四〇代半ばで独立したが、
世間の注目を浴びるまでには至らない。

行き詰まっていたときに、
居眠り運転の車に追突され、一年間を棒に振る。
私は振り出しに戻り、
自分がやるべきことをやろうと決断した。

五〇の坂を越えていたが、
伊能忠敬や蓮如に比べたら、まだまだ若い。

真剣勝負で仕事に取り組めば、
思いもよらない障害が次々と現れる。
出る杭は打たれるから、
どんなに用心していても、
足下をすくわれることもある。

晴れる日ばかりを過ごせない。
雨が降る日や風が吹く日も凌がねばならない。

八方塞がりの窮地に立たされても、
自分を信じる営業マンは勝ち残る。

徒手空拳で闘わされても、
創意工夫で武器をつくる。
すべての権利を奪い尽くされても、
自分の手で一つひとつ取り戻していく。

大切なのは自分をあきらめず、闘う根拠を築くこと。
世の中すべてを敵に回しても、
自分が正しいと確信すれば、
一人ひとりを説き伏せる。
真正面からぶつかり合うことで、
少しずつでも価値観を共有する人を増やしていく。

あらゆる場面で人は失敗し、
その都度ペナルティを課せられる。
しかし責任をきちんと果たせば、
いつでもやり直すことが許されている。

|

« 人生は何度でもやり直せる01 | トップページ | 運を呼び込む執念を持っているか01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/21996885

この記事へのトラックバック一覧です: 人生は何度でもやり直せる02:

« 人生は何度でもやり直せる01 | トップページ | 運を呼び込む執念を持っているか01 »