« 人生は何度でもやり直せる02 | トップページ | 運を呼び込む執念を持っているか02 »

2008年7月 6日 (日)

運を呼び込む執念を持っているか01

売上を伸ばせない営業マンは、
言葉に覇気がなく、
相手に迫るものを感じさせない。

一から一〇まで間違っていなくとも、
自分の意見を最後まで通せない。
どこかで折り合いをつけて、
今までの関係を破綻させないように気をつかう。

こうした営業マンと話していると、
「運が悪い」と嘆く。
確かに勤めていた会社が潰れたり、
苦戦している地区を担当させられたり、
お客さまの不祥事の煽りを受けたり、
聞いてみれば気の毒なところも少なからずある。

しかし問題なのは
アクシデントに巻き込まれたことでなく、
逆境へ陥ったときに態勢を整えなかったこと。
圧倒的な力に押し潰され、そのままの姿勢で動かない。

運が強い営業マンは、
チャンスが訪れるのを待っていない。

宝くじは買わねば当たらない。
十中八九は無駄になるとわかっていても、
さまざまなところへ仕掛けを準備して、
わずかなシグナルを感じれば行動を起こす。
結果を伴わなくとも意に介さない。

次から次へ頭を働かせ、
手足を動かしていくと、
身体の芯にエネルギーが満ちてくる。

それが言葉の力、目の力となり、
向かい合う人に迫力となって伝わる。

誰だって後ろ向きのオーラより、
前向きのオーラを吸収したい。
昨日の思い出話より、
明日の建設的な意見を闘わせたい。

だからといって薄っぺらなカラ元気は、
すぐに相手から見透かされてしまう。
声を大きく張り上げて、
背筋をピンと伸ばしてみても、
張り子の虎では困る。

見えないところで努力を重ねているか否か、
それがわからないほど皆はバカでない。

営業マンが本気になって、
商品を売ろうとすれば、
二四時間が臨戦態勢になる。
いつでもどこでも仕事のことを考えて、
少しでも役立ちそうな情報を見逃さない。
会社の中で調べごとをしていても、
時計の針など気にしない。

|

« 人生は何度でもやり直せる02 | トップページ | 運を呼び込む執念を持っているか02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/21996904

この記事へのトラックバック一覧です: 運を呼び込む執念を持っているか01:

« 人生は何度でもやり直せる02 | トップページ | 運を呼び込む執念を持っているか02 »