« やると決めたら徹底的にやり抜け01 | トップページ | その他大勢の中に埋もれるな01 »

2008年6月27日 (金)

やると決めたら徹底的にやり抜け02

私はお客さまを口説き、
会社の上層部へ働きかけ、
いつも誰かとぶつかっていた。

「ケンカ島田」と呼ばれることもあったが、
一人ひとりの発想を切り替えて、
新しい価値を認めさせるには、
きれい事だけでは納得させられない。

会社の売上が急激に伸びたのは、
やると決めたことを徹底的にやり抜いたから。

真剣勝負を挑み、お互いを高め合い、認め合ったから。

売上を伸ばせない裏側には、
会社や商品への不信が必ずある。
結論を導くプロセスで徹底的にやり抜いたのか、
営業マンの行動が問われる。

会社や商品に問題があったのか、
それとも営業マンに問題があったのか?
それを検証するためには
当事者同士で話し合うしかない。

お互いが刀折れ矢尽きるまで切り結んだのか。

会社や商品に問題があると考えるなら、
どこに問題があり、どう改善すべきなのか?
今までの知識と経験を総動員して、
具体的でわかりやすい提案書を書く。
直属上司が耳を塞いでいるなら、
その上に働きかけると伝えれば良い。

会社を辞める覚悟があれば、
上司との人間関係がこじれても意に介する必要はない。
相手を真剣勝負の場に引きずり出さねば、
営業マンの問題は本質的に解決されない。
営業会議の場で発言し、衆知に問うのも効果的。

そこで潰されるなら、
素直に頭を下げて、再び修行のやり直し。
力が及ばないのなら、力を蓄えるのが最善策。

どのような結果を導こうとも、
最後まで徹底的にやり抜く。

問題の本質を突き止めれば、
そこからの道は大きく開かれる。
中途半端なことをしていたら、
すべての可能性を閉ざされる。

|

« やると決めたら徹底的にやり抜け01 | トップページ | その他大勢の中に埋もれるな01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/21371145

この記事へのトラックバック一覧です: やると決めたら徹底的にやり抜け02:

« やると決めたら徹底的にやり抜け01 | トップページ | その他大勢の中に埋もれるな01 »