« やると決めたら徹底的にやり抜け02 | トップページ | その他大勢の中に埋もれるな02 »

2008年6月28日 (土)

その他大勢の中に埋もれるな01

毎日たくさんの営業マンと会うお客さまは、
相手の顔などマトモに見ていない。

トランプのカードのように名刺を確かめて、
会社の規模や商品の知名度を計算し、
ビジネスに繋がると判断してから顔を起こす。

店頭には在庫が溢れ、
次々と新商品が送り込まれてくる。
ひと握りの営業マンと上手に付き合っていれば、
ビジネスに支障を来す心配はない。
その他大勢の営業マンには、
静かに速やかにお引き取り願いたい。

ほとんどの営業マンは大人だから、
自分の立場をわきまえている。
お客さまの邪魔にならないように
控えめな態度で接する。
顔を覚えてもらおうと足繁く通い詰める。
熱意が伝われば、
お客さまに必ず振り向いてもらえると、
頑なに思い込んでいる。

お客さまも鬼ではないから、
すり寄ってくる営業マンには、
お情けで商品を買う。
店頭の片隅に置かれて、
売れてくれたら万々歳だが、
そうでなければ商品は消える。

次のチャンスは、なかなか巡ってこない。

商品が売れなかったのは、
どこに原因があるのか?
そんなことは一度も検証されず、
売れなかった事実だけが突きつけられる。
そこでおとなしく引き下がるから、
お客さまは今までのやり方を疑わない。

小さな会社の営業マンが順番を待っていたら、
大きな会社に勝てるわけがない。
だからといって鼻息荒く猪突猛進しても、
お客さまから跳ね返される。
しつこく食い下がっても、
その先を準備していなければ前へは進めない。

|

« やると決めたら徹底的にやり抜け02 | トップページ | その他大勢の中に埋もれるな02 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/21379340

この記事へのトラックバック一覧です: その他大勢の中に埋もれるな01:

« やると決めたら徹底的にやり抜け02 | トップページ | その他大勢の中に埋もれるな02 »