« 問題をウヤムヤにするから繰り返す01 | トップページ | トラブルが信頼の絆を強くする01 »

2008年5月26日 (月)

問題をウヤムヤにするから繰り返す02

内輪の飲み会で雑談を買わしながら、
不平不満に聞き耳を立てると、
トラブルの原因を理解できるケースは多い。
日常的な不合理が、ミスを頻発させている。

一人ひとりの心構えも問われるが、
やる気を失うシステムが、トラブルを誘発させる。

当事者同士が充分に話し合い、
問題の本質を明らかにできれば、
解決への道も開かれていく。
会社に対する提案書が必要なら、
直属上司を口説き落とすことから始める。

どうしてそこまで、
営業マンがやらねばならないのか?

答は簡単。
トラブルが発生して一番困るのは営業マン。
お客さまの窓口になる営業マンは、
必然的に巻き込まれざるを得ない。

その結果、仕事にならない日々を費やし、
自分のペースを乱されてしまう。
お客さまからの信用を失い、商売もやりにくくなる。
トラブルの根を断つことで、
一番安心して仕事に打ち込めるのは、営業マン。

トラブルの原因を追いかけると、
営業マンと会社の距離が縮まる。

今までテキストやマニュアルで、
わかったつもりになっていたことが、
具体的な担当者と顔を突き合わせれば、
お互いに配慮する気持ちが芽生える。

お客さまからいただいた注文書の数字が、
伝票を起こす際にネックになっていたなど、
現場を覗かなければ把握できない事実。

お互いのリレーゾーンを理解することで、
あなた任せになっていた領域が見えてくる。

お客さまを訪問したときも、
実際に仕事の流れを見ている営業マンは、
最後の詰めが的確で誤らない。
改善が進んでいなくとも、
どこに問題が潜んでいるかわかっていれば、
危険を織り込んで余裕を持たせるから、
トラブルへ繋がる確率は低くなる。

問題を解決する場数を踏めば、
トラブルを恐れずに大胆に仕事を進められる。

お客さまからの質問に、
具体的にわかりやすく答えられる。

|

« 問題をウヤムヤにするから繰り返す01 | トップページ | トラブルが信頼の絆を強くする01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/20933133

この記事へのトラックバック一覧です: 問題をウヤムヤにするから繰り返す02:

« 問題をウヤムヤにするから繰り返す01 | トップページ | トラブルが信頼の絆を強くする01 »