« トラブル、クレームに怖じ気づくな 06 | トップページ | 善い人と言われて喜んでいる場合じゃない 01 »

2008年4月 5日 (土)

トラブル、クレームに怖じ気づくな 07

だからといって私が、
最初から優秀だったわけではありません。
叩かれて、叩かれて、何度も潰されそうになりながら、
それでも自分の可能性を諦めず、狭い抜け道を探り続けた結果です。

うまくいかなければ、何度でもやり直せば良いのです。

営業マンの評価は過去の実績でもなく、
勤める会社の大きさでもありません。
今お客さまが直面する問題に、
どれだけ具体的な解決策を提示し、
それに伴って売上を伸ばせるかです。

常に時価で評価され、今が輝いていなければ、
お客さまからの信頼は得られません。
逆に考えれば、どれだけ悪戦苦闘の過去があっても、
今の力を発揮できる営業マンが強いのです。
状況は加速度的に変化し、市場は移っていきますから、
一つのセオリーですべてをこなすなど、
これから先の時代はますますできなくなるでしょう。

常に自分を革新できるだけの胆力の据わった営業マンだけが、
厳しい環境だけで勝ち残るのです。
営業マンは体力だけでも、気力だけでも、知力だけでも勝負できません。
それらを総合的にプロデュースしたとき、
最強の営業マンが鍛え上げられます。

あなたは絶体絶命のピンチに陥っても、修羅場を切り抜けられますか。

お客さまに断らせない知恵と勇気が湧き起こりますか。

あなたの言葉は、お客さまに迫るだけの力がありますか。

あなたの目には一歩も引かない決意が輝いていますか。

営業という仕事を素晴らしくするのもしないのも、
あなたの人生を充実させるのもさせないのも、
すべてあなたの本気しだいです。

|

« トラブル、クレームに怖じ気づくな 06 | トップページ | 善い人と言われて喜んでいる場合じゃない 01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/12028312

この記事へのトラックバック一覧です: トラブル、クレームに怖じ気づくな 07:

« トラブル、クレームに怖じ気づくな 06 | トップページ | 善い人と言われて喜んでいる場合じゃない 01 »