« 下手だよね | トップページ | 声の大きな人が »

2008年2月10日 (日)

自由と責任

 衆院の予算委員会で野党からの質問に答え、福田総理がインターネットや携帯電話の有害・違法情報について、規制強化に前向きな発言。スパムメールも含めて、環境を整えていかないと、バーチャルの可能性は閉ざされていくかも。内容しだいの話だけど。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20080208-OYT1T00962.htm

 顔が見えないコミュニケーションは、ホンネで語り合えるメリットもあるけど、一方で無責任な放言も阻止できない。お陰さまでミクシィに限っては、日記へのコメントも誠実なものばかり。でも一歩誤ればリアルに影響を及ぼし、困り果てた話も耳に入ってくる。

 私は言葉に関わる仕事を続けてるから、よけいに神経質になるのかもしれないが、一度口にした言葉は呑み込めないと考えてる。やると言ったらやり、その結果できなければ、きちんと落とし前を付けないと前へ進めない。言葉に縛られるのは当たり前と思ってる。

 法令に違反しなきゃ何をやっても自由だが、必ず責任を負わねばならない。やらずぶったくりは人としての基本を逸脱し、社会から追放されても文句を言えない。顔が見えないからと、背中から斬りつけ逃げ去るのは、私には卑怯な振る舞いとしか思えない。

 本当のことを言うと、法令だって抜け穴だらけ。既得権を利用して弱い者を苛めたり、法に触れないからと私腹を肥やしたり、後ろめたい人は大嫌い。いつでも胸を張って正々堂々、それはリアルでもバーチャルでも同じこと。古臭くて硬いのかもしれないけど。

|

« 下手だよね | トップページ | 声の大きな人が »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/10375044

この記事へのトラックバック一覧です: 自由と責任:

« 下手だよね | トップページ | 声の大きな人が »