« BlackBox | トップページ | 血の繋がり »

2008年2月 2日 (土)

思い込む

 ダメと決めて掛かってやるのと、できると信じてトライするのでは、成功の確率は違ってくると、誰もが頭の中ではわかってる。それならポジティブに考えたほうが良いのに、実際は始める前から腰の退けてる人が多い。行動を起こさない人も少なくない。

 どうしてそうなるのか。自分を強く信じても、うまくいかないことはある。できるはずと考えてた自分を自分が裏切るから、現実を突きつけられて落ち込まざるを得ない。自分の力はこんなものか、便りにしてた人は当てにならなかった。忸怩たる思いを飲み込む。

 それなら最初からダメと思ったほうが、結果が悪くとも「やっぱりね」と軽くいなせる。行動を起こさなきゃ、失敗例だけ拾い出せば良い。世の中甘くないんだよ、自分を正当化する言葉はどこにでも転がってるし、自分の根っこを傷つけないから心は軽いまま。

 でも、現実に叩きのめされた人だけが、事実と真正面から向かい合い、これからどうすれば良いか最善の策を選べる。心も身体も退き裂かれなきゃ、成長しないのも昔からの約束事。傷つくのを恐れてたら、今の場所から一歩も動けず立ち往生。そんなのイヤだね。

 客観的に考えたくとも、人は主観から逃げられない。行動を起こすときは、何らかの意識に支配される。どのみち思い込むなら、マイナスのイメージを描くより、プラスを信じて七転び八起き。うまくいくまで粘ったほうが、自分の心にシコリを遺さない。

|

« BlackBox | トップページ | 血の繋がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/10198556

この記事へのトラックバック一覧です: 思い込む:

« BlackBox | トップページ | 血の繋がり »