« 責任の取り方 | トップページ | 変だよ »

2008年2月24日 (日)

驚いた

 1981年にアメリカのロサンゼルスで、妻を殺害した疑惑の渦中にいた三浦和義氏、この件では無罪判決を言い渡されたが、その前に元女優に妻を襲わせたとして、殺人未遂罪で懲役6年の実刑、収監された。日本でも裁かれたが、最終的な判決は無罪で確定。
http://www.asahi.com/national/update/0223/TKY200802230363.html

 それが27年も経た今になって、訪問先のサイパンで逮捕されたという。日本ではコンビニで万引きした現場を報道されたりしたが、すっかり忘れられ過去の人。無罪が確定した後は、TV番組にも出演してたが、逮捕するだけの根拠があるのか、まだ藪の中。

 それにしても凄いのは、日本ではとうの昔に時効になった事件なのに、アメリカの警察は執拗に追い続けてること。三浦氏の容疑が晴れるかどうかは、これから裁判の中で明らかにされるだろうが、日本の警察や司法も学ぶべきところがあるような気がする。

 実際に捜査に掛かる経費や時間、物証の信頼性や商人の記憶、時効を成り立たせる根拠は多い。被害者や遺族は納得できないが、疑わしきは罰せずと考え、税金の使途を配慮すれば、やむを得ない決めごとと思われる。アメリカでは当たり前なのだろうか。

 警察の内規として時効を活かし、法令として時効を廃止したら、犯罪者はいつまでも逃げるしかない。警察はあるポイントで打ち切れる。そのくらいの柔軟性があったほうが良いのかな。この後のアメリカ当局の発表を待ち、本当のところを知らされたい。

|

« 責任の取り方 | トップページ | 変だよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/10717398

この記事へのトラックバック一覧です: 驚いた:

« 責任の取り方 | トップページ | 変だよ »