« 民意を問えば | トップページ | 油断大敵 »

2008年2月21日 (木)

情報発信

 あるサイトからアプローチ、プロとしての自分をアピールして、問い合わせ数を増やすことで、ユーザーの認知を高める提案。私の場合は企業や組織の人事担当研修者か、興味を持ったので資料を送るように頼んだが、初年度費用は30万円も掛かるということ。

 善し悪しは別として、インターネットで集客する見返りに、諸々の名目で登録料を要求するケースには、今のところ参加していないけど、それが正しいかどうか判断できてるわけじゃない。これからの時代に何が必要か、情報発信も含まれてるのはわかる。

 そう思うからホームページを開いたし、ブログも毎日更新してるのだが、ブログは少し手を抜いてるのも事実。営業やマネジメントに絞り込んだほうが、仕事に繋がると思い始めてる。一歩を踏み出すのを躊躇うのは、どこまで情報を提示すれば良いかの限度。

 実際に仕事になってるのは、やはりリアルで繋がる人間関係。ある段階からバーチャルは、お楽しみと割り切ってるが、本当にそれで良いのか、正しいのか。腹に落ちなきゃ前へ進めないから、ITの目まぐるしい進化に付いていけないだけかも。

 仕事の結果として儲けたいと思うけど、儲けるのを自己目的化するのは、ちょっと違うような気もしてるので、流行りの手法とは一線を画してしまう。だからといって単純に人を喜ばす岳じゃ、自分の飯の種を失いかねないし、ハムレットの心境だったりして。

|

« 民意を問えば | トップページ | 油断大敵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/10650049

この記事へのトラックバック一覧です: 情報発信:

« 民意を問えば | トップページ | 油断大敵 »