« 行く歳、来る歳 | トップページ | 情けは人のためならず »

2008年1月 1日 (火)

本気で突き進む

 沐浴して心身を清め、静かに晨を迎える。一年の始まりに木枯らしが吹き荒ぶのも、律して日々を過ごすようにとの戒めか。満ち潮に傲らず、引き潮に滅入らず、自然体で粛々と前へ進む。これから何が起こるかわからないけど、たじろがずに一歩を踏み込む。

 世の中の動きは行きつ戻りつ、組織と個人の関わりが改めて問い直され、座標軸がどこにあるか原点を模索する。大地に根を生やした発想でなきゃ、現実を切り取れないことも理解されてきた。混迷が続く向こうには、極めてシンプルな基本がある。

 一攫千金を追い求めず、地道にコツコツと努力を重ね、揺るぎないポジションを確保する。それぞれの持ち味を充分に掘り起こし、お互いにプラスをもたらせるように伝え会い、個性的な顔が見えるように企画演出。そのためのサポートが私の役どころ。

 求められる舞台に真剣勝負で臨み、全力を尽くして成果を導きたい。一つひとつの局面は違っても、通じる心は変わらないと信じてる。どこまでやれるか藻掻けるか、結果を恐れずチャレンジ。与えられたチャンスには貪欲に挑み、可能性を最大に切り開く。

 素裸で生まれ、素裸で死んでいく。失うものは何もない。活かされてることに感謝し、恵まれたことに報いる。小さな輪を大切に繋ぎ合わせ、大きな仕事へ結びつける。慌てることはないけど、日々の歩みを確実に築き上げ、一年を財産にできるよう志す。

|

« 行く歳、来る歳 | トップページ | 情けは人のためならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/9658465

この記事へのトラックバック一覧です: 本気で突き進む:

« 行く歳、来る歳 | トップページ | 情けは人のためならず »