« 筋が通らない | トップページ | 老舗の看板 »

2007年11月14日 (水)

やり直せる社会

 間違ったときに、心から謝罪して、その後の行動を改めれば、受け入れても良いのじゃないか。口先だけじゃ困るけど、一度失敗したら致命傷になると、頑なに非を認めようとしない。雪印乳業の事件の頃から、日本の社会から弾力が失われたような気がしてる。

 罪を犯したら裁かれるのは当たり前、罪の重さによって罰も異なるが、服したら水に流すのもルール。個人にしても組織にしても、一線を越える危険を常に孕んでる。心の迷いや判断の誤り、自分に魔が襲わないと誰が言い切れるのか。皆、それほど強いのか。

 とりわけ組織が不祥事を引き起こすと、人事を刷新し構造を革新しても、そう簡単にレッテルを剥がせない。優れた技術力も開発力も、埋もれたままで消えていく。社会そのものが勝ち抜き戦のようになり、一人ひとりの気持ちに余裕がなくなってるみたい。

 生きていれば、いろいろなことがある。ときには道を踏み外すこともある。力が及ばず悔し涙を流すこともある。人が見ていなきゃズルをすることだってある。生まれてから今日まで、唯の一度も規則を破ったことがない人は、果たしてどれだけいるだろうか。

 罪の大きさでなく、邪心は誰にでも起こること。情けは人のためならず、お互いに広い心で包み込めば、罪を犯した人だって、本当に反省して、社会に役立つように努めるのじゃないか。信賞必罰も大切だが、それ以上に重要なのは寛容の精神。

|

« 筋が通らない | トップページ | 老舗の看板 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8907207

この記事へのトラックバック一覧です: やり直せる社会:

« 筋が通らない | トップページ | 老舗の看板 »