« 新聞の読み方 | トップページ | 大山鳴動して »

2007年11月 7日 (水)

公共マナーって

 讀賣新聞によると、JR6社と首都圏や関西の大手私鉄16社および政令指定都市8市を対象とした調査で、昨年1年間に乗客から暴行を受けて負傷した駅員と乗務員は250人、暴力行為は760件で2年連続増加してるとのこと。小競り合いも含めると相当なもの。 http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071106it01.htm  やはり酔客が多いようだが、それ以外では中高年の男性が目立つらしいので、私も潜在的加害者に含まれるかも。暴力を振るったほうが悪いに決まってるが、事務的な応答が増えてるような気もするし、公共の場でありながらルールを決めるのは一方通行。  私などおとなしい喫煙車だから黙ってるが、JRでも各駅に喫煙スペースを設けてるのに、いきなり全線禁煙を決めた私鉄もある。健康増進法を錦の御旗に、駅員が清掃作業を嫌っただけ。利用者の声を聴くこともなく、自分たちの都合を先行させてないか。  事故やトラブルも減ってないし、満員電車は相変わらず。環境を整えようとせず、利用者に忍耐を強いる。他に交通手段がなきゃ、ガマンし続けるしかないが、ちょっとした弾みで不平不満が爆発したら、矛先を向けられるのは近くにいる駅員や乗務員。  何か世の中が、善と悪の二者択一になってるみたい。もちろん喫煙は悪だから、喫煙者に対しては何をやっても許される。そうした風潮が強まれば、行き場を失う人も増える。お互いがお互いを認め合い、譲り合う前提を築くのが、最初の作業じゃないかな。

|

« 新聞の読み方 | トップページ | 大山鳴動して »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8791028

この記事へのトラックバック一覧です: 公共マナーって:

« 新聞の読み方 | トップページ | 大山鳴動して »