« 晩秋の雨の週末 | トップページ | やり直せる社会 »

2007年11月13日 (火)

筋が通らない

 新テロ特措法案が衆院特別委員会で可決、明日にも本会議で可決され、参院へ送られるというが、旧法に記載されてた国会の事後承認規定は削除されてる。同じ委員会で山田洋行に対する処分問題で防衛参事官が苦しい答弁、シビリアンコントロールはできるか。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071112it05.htm?from=top
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071112i405.htm?from=main4

 東京地検特捜部による宮崎容疑者への尋問も始まったばかり、この先どれだけ防衛省の闇が暴かれるか。成り行きしだいでは組織の革新を求められるし、政治家の進退に波及する可能性も大きい。一件が落着してからでないと、防衛省は次の行動を起こせない。

 まして国会の事後承認まで削除したら、現地で何が行われたかを国民は知る由もなく、適切かどうかをチェックできない。参院の議論が始まる前に、期日内に通らなければ解散もあると、自民党幹事長の発言は、民主党支持率の低下を踏まえた恫喝。

 やはり頼りなくとも、民主党政権の実現を望むのは、自民党の衣の下から鎧が見え隠れして、数の論理で強行採決する意図が明らかだから。この国をどこへ運ぼうとしてるか、不透明感がますます強まる印象。誰のための国益か、臭いモノに蓋してないか。

 すくなくとも一連の問題で、防衛省の不祥事を明らかにして、罰するべきは罰して人事を刷新し、それから議論を尽くしても遅くはない。国民に深く関わる問題と主張するなら、国会の承認と報告を前提とするのは当たり前。横紙破りは誰の目にも明らか。

|

« 晩秋の雨の週末 | トップページ | やり直せる社会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8892622

この記事へのトラックバック一覧です: 筋が通らない:

« 晩秋の雨の週末 | トップページ | やり直せる社会 »