« 空恐ろしい | トップページ | 人の鑑になる人 »

2007年11月26日 (月)

阿吽の呼吸

 明治安田生命が20代から50代の既婚男女を対象に、インターネットで調査した結果、平日の夫婦の会話は30分以内が4割。最も話してないのが40代で、30分以内と答えた夫は50%、妻は57%とか。離婚を考えたことのある夫は33%、妻は49%
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20071125i514.htm

 男にしても女にしても、異性は配偶者だけじゃないし、隣の芝は青く見えるから、一度や二度は離婚を考えても不思議じゃない。お互いの価値観をすり合わせ、理解し合えるまでには歳月も掛かり、その途中で真正面からぶつかれば、別れようと思ったりして。

 今の世の中、寄り添わなきゃ暮らせないわけでもなし、気に入らなきゃサッサと別れ、不平不満を溜め込まないほうが賢いかも。結婚なんて、好きで一緒にいたいから続けてる。辛抱なんてするもんじゃない。子は鎹なんて、子どもにすれば大迷惑。

 会話の時間が短くとも、お互いに見つめ合っていれば大丈夫。相手が何を必要としてるか、夫婦を長くやってればわかってくるし、黙って夕景を眺めていても心は通い合う。家庭は国会じゃないから議論で結論を導かない。お互いの必要に応じて折り合いを付ける。

 夫婦のことなんて、アンケートでわかるわけもない。ハタからどう見られても、自分たちが満足してりゃ充分。幸せそうに映っても本当のところはわからない。要は相手を大切に思うかどうか、掛け替えのない存在なら、お互いがお互いを必要とする。

|

« 空恐ろしい | トップページ | 人の鑑になる人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/9112676

この記事へのトラックバック一覧です: 阿吽の呼吸:

« 空恐ろしい | トップページ | 人の鑑になる人 »