« 老舗の看板 | トップページ | 殺される側の人権 »

2007年11月16日 (金)

外堀を埋められ

 参院で防衛省前事務次官守屋氏を証人喚問、久間氏と額賀氏の現職国会議員が宴席に同席したと証言。「記憶にない」という発言はロッキード事件を思い出させ、新たな登場人物も含めて闇が明らかにされていく。久間氏と額賀氏はどう応えて動くのか。
http://www.asahi.com/politics/update/1115/TKY200711150037.html

 一方で米軍の沖縄基地をグアムへ移転させるのに伴い、日本政府が費用を負担するのも面妖な話だが、それ以上に不思議なのは住宅建築にアメリカの4倍以上のコストが掛かること。兵器なら機密を楯に言い逃れても、ここでどう説明できるか聞いてみたい。

 下司の勘繰りかもしれないが、政官癒着は防衛省だけでなく、他の省庁でも行われてないか。小泉政権時に郵政省を民営化する提案で、国民大多数の賛意を得たのも、今となってはスケープゴートを捧げて、他の利権を温存させたような気がしてならない。

 自民党と民主党が対立するのでなく、政治を商売とする政治家とそうでない政治家が対立し、硝子張りの会計を実現すれば借金だって返せそう。誰が懐を暖めてるか、すべてを明らかにして、私腹を肥やす政治家を一掃しなきゃ、国民の政治不信は拭えない。

 新しい法令が遅れても構わないから、徹底的に膿を出し、蜥蜴の尻尾切りで終わらせないでほしい。日本の官僚は優秀と自他共に認めてるが、国民を欺くのに知恵を働かせるなら、凡庸な官僚のほうが有り難い。二枚舌の政治家を選ばないことも大事。

|

« 老舗の看板 | トップページ | 殺される側の人権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8938506

この記事へのトラックバック一覧です: 外堀を埋められ:

» 守屋前防衛次官  再喚問 「宴席に久間、額賀両氏」 [王様の耳はロバの耳]
守屋前次官再喚問 「宴席に久間、額賀両氏」 便宜供与、改めて否定(産経新聞) - goo ニュース 報道よれば昨日15日午後参院防衛委員会で守屋前防衛事務次官の証人喚問が行われました。 先の衆院での喚問で明らかにしなかった政府高官の名前が出ました。 「山田洋行元専務の宮崎氏と守屋氏の宴席に同席したのは久間章生元防衛相と額賀財務相(当時は防衛庁長官)」であると。 {/kaeru_shock1/} 久間氏と額賀氏は「覚えていない、記憶に無い」と口をそろえて取材の記者に答えていました。 {/face_a... [続きを読む]

受信: 2007年11月16日 (金) 08時41分

« 老舗の看板 | トップページ | 殺される側の人権 »