« 何ができるかな | トップページ | 新聞の読み方 »

2007年11月 5日 (月)

どうなる民主党

 民主党の小沢代表が辞任表明会見、正式に受理されたわけではなく、執行部に進退を委ねる形だから、降りるにしても、続投するにしても、民主党を一枚岩にするには効果的。大連立を仕掛けたのは小沢氏という報道に対しては、事実無根の誹謗中傷とバッサリ。

 小沢氏の発言では、朝日新聞と日本経済新聞以外は、自民党議員からの情報を鵜呑みにして、小沢氏および民主党に裏付けも取らず報道。民主党へのマイナスイメージを払拭するには、自らが代表の座から身を退かねば、混乱を収拾できないと判断した。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20071104i101.htm

 新聞記事に対する違和感は、民放で両党議員が参加した座談会の空気からも伝わった。身近な人たちが確たる内容を把握してないのに、あたかも事実のように報道したなら、メディアの存在基盤そのものが揺らぐ。読者が求めるのはフィクションではない。

 どちらに転ぶかわからないけど、これで小沢氏が党内の支持を得られたら、福田政権に吹きかけた風は、一挙に小沢民主党へ流れるような気がする。会見での小沢氏の発言は論理的で説得力があり、会談後の行動も民主的で合理性があると受けとめた。

 この会見をメディアがどう報じるか、自民党がどう対処するか、政局だけでなく日本の未来への踏み絵。思惑だけでは現実を動かせない。事実に基づいた発言と行動が、国民の総意を踏まえた未来を形づくる。私たちも事実をきちんと識別しなきゃいけないよね。

|

« 何ができるかな | トップページ | 新聞の読み方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8761307

この記事へのトラックバック一覧です: どうなる民主党:

« 何ができるかな | トップページ | 新聞の読み方 »