« 表現の自由って | トップページ | マッチ&ポンプ »

2007年10月16日 (火)

マッチ&ポンプ

 ボクシングはスポーツ、ルールを逸脱すれば反則。世界戦での亀田大毅選手は、勝敗以前にプロとしての資質を問われて当然。試合前の舌戦は耳障りだけど、それで注目を集めてきたのだから、百歩譲って聞き逃すにしても、最終ラウンドは酷すぎた。

 そこまで勘違いさせたのは、メディアの責任も重い。確かにボクシングの人気は衰え、世界ランカーでもチャンピオンでも、一般に知られない時代が長く続いた。そこへ天才ボクサー亀田興毅選手の登場。父親でトレーナーの史郎氏と兄弟にもスポットライト。

 独自のトレーニング以上に目を引いたのが、喧嘩腰で挑戦的な言動。強ければ何をしても許されるという姿勢は、ヒンシュクを買った一方で、喝采を浴びたのも時代の風潮か。煽り立てるメディアは弟の大毅選手を浪速の弁慶と持て囃したのも事実。

 亀田史郎氏の品格も問われるが、お先棒を担いだメディアは、手際よくバッシングの先頭に立ち、それが世間の声と開き直るのも如何なものか。才能は才能として認め、歪んだところは叩き直し、花開かせるのが役割じゃないか。すべての現象が他人事なのか。

 踊らされる私たちの見識も問われる。単に面白ければ良いと、野次馬根性だけで群がってないか。何が大切かを問い直さず、人の家の台所を盗み見して、溜飲を下げるのは情けなくないか。流す側の論理に巻き込まれずに、自分の頭で考え、心で動かなきゃ。

|

« 表現の自由って | トップページ | マッチ&ポンプ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8442141

この記事へのトラックバック一覧です: マッチ&ポンプ:

« 表現の自由って | トップページ | マッチ&ポンプ »