« 積み重ねる喜び | トップページ | 欲しければ奪い取れ »

2007年10月 1日 (月)

日本歴史占い

 ネットで「日本歴史占い」なるものを見つけた。
http://uranai.artisthouse.co.jp/

 それによると私は宮本武蔵、万事において我に師匠なし、道なき道をひたすら走る。天才か、紙一重か、見極め難し。今までの占いとまったく違うので、少しばかり面白かった。

<1952年10月6日生まれの男性は>
 危なっかしくて見ている人をハラハラさせ、あなたがよしすることは、従来の常識・定石から大きく外れていることが多いのです。やるぞと決めたら、それまでの経緯や人間関係、時間や場所もお構いなしで、まるで宮本武蔵。だから、並の人間には到達できない境地が開け、大きな業績が上げられるのです。

 武蔵の剣は師匠につかない独自のもので、ましてや人に仕える器でもなし。結果的に『五輪の書』とう不朽の作が残されました。

 ひらめきの鋭さ、創造力は他の追随を許さず、独自の世界を開拓していく。助言に耳を貸さないので疎まれることも多いが、根は案外と単純。放任主義のもとで才能を開花させる。

 人間関係、衣食住_あらゆる面でバランス感覚に欠け、バランスをとろうとするとかえって崩れる。対外的には何とか繕っていたとしても、身近な人にはかなり迷惑をかけているはず。

 大きな態度をしていてもウソをつくと顔が赤くなるような小心者だが、プライドの高さは人一倍。ある意味純情で根回しなども下手なため、ツメの部分で失敗することも多いはず。

 本人はフレンドリーにしているつもりでも、とっつきにくい印象は拭えない。変わった風貌・雰囲気に相手が引いてしまうことも。
挙動不審気味。計画や予定にとらわれず、その時々の思いつきで行動する。距離や時間の感覚が他の人とずれているのでよくも悪くも神出鬼没。<とのことです。>

 自己分析とはかなり距離があるけど、こうした一面があるのかもしれない。言われてみると、そうなのかなと思ったりして。当たるも八卦当たらぬも八卦、自分のことだから気になる。気づかなかったところをも捉え直すヒントにすれば良いのかな。

|

« 積み重ねる喜び | トップページ | 欲しければ奪い取れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8185477

この記事へのトラックバック一覧です: 日本歴史占い:

« 積み重ねる喜び | トップページ | 欲しければ奪い取れ »