« 晴れているのに | トップページ | モチベーション »

2007年10月23日 (火)

封建時代かよ

 赤福やら比内鶏やら、ちょっと前には名古屋コーチンや素麺も。バレなきゃ、何をやっても許される。自分が食べなきゃ、人に何を食わせても心は痛まない。要は金儲け、金を握ったヤツが尊敬されて、皆からチヤホヤされるのは、誰が見たって明らかじゃないか。

 そうした風潮にしたのは、紛れもなく政治家と役人。弱い人を切り捨て、自分に繋がる金持ちを優遇し、私腹を肥やせるように法律を通せば、何をやっても合法的で許される。目の前で苦しんでる人がいても、助けないのは違法じゃないと開き直れる。

 世間の風当たりが強くなると、名前を変えたり、言い回しを違えたり、既得権を温存する知恵が働く。金が足りなくなれば、貧乏人の蒲団を剥ぎ取って、金持ちの金庫には手を出さず、それが天下国家の王道と言い切るから始末が悪い。いつまで続けるのかね。

 庶民にとって、自民とか民主とか関係ない。立派に政治をやってくれとは言わないが、せめてマトモなことをやってほしい。世間の常識から逸脱せず、真面目に働く人が報われる社会にしないと、金の卵を産む鶏を絞め殺し、遠くない将来に日本が壊れちゃう。

 良いとか悪いとかじゃなく、うまくやったヤツが勝ち。ルールの抜け穴を探し、プロセスなんか関係なく、結果を出せば拍手喝采。世の中は、おかしいと気づき始めてる。軌道を修正しないと、自分たちが困るとわかってきた。偉い人たちは、時代の空気を読めないのかな。

|

« 晴れているのに | トップページ | モチベーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8569107

この記事へのトラックバック一覧です: 封建時代かよ:

« 晴れているのに | トップページ | モチベーション »