« 当事者意識 | トップページ | 雨が降ってたけど »

2007年10月27日 (土)

立派だったよ

 朝飯を食べ終わった頃に、テレビに亀田興毅選手が映った。協栄ジムの金平会長と記者会見。スーツにネクタイ姿で、着席する前に謝罪の言葉。30分間ほどのインタビューに、言葉を探しながら精一杯に答えてた。感情をコントロールして誠実さが伝わる。

 父や弟を庇いながら、開き直りもせず、自分にできる限りの受け答えは、並の二十歳にできることじゃない。率直で真面目で、これが亀田興毅という青年の裸の姿。ヒールに徹したパフォーマンスも成り上がるためには必要だったのかな。妙に納得させられる。

 正直に言って父親の史郎氏は、引き際も下手と思うけど、無器用だけど一所懸命に愛情を注いだから、亀田興毅は凛々しく毅然と振る舞えた。世間からのバッシングを真正面から受けとめ、厳しい批判の嵐を避けもせず、自分の言葉で語るのがどれだけ大変か。

 鳶が鷹を生んだのか、少なくともこの男はやり直せる。逆境に置かれたときこそ、人の値打ちが決まってくる。自分が同じ立場に置かれたら、これだけ素直に語り尽くせるか。記者たちの鋭い質問を睨みつけることもなく、卑屈におもねることもなく、流石だよ。

 まして亀田興毅は、闘った当事者でもなく、指導してたわけでもない。家族の危機だから、自分が矢面に立つ。その覚悟が伝わってくると、見てる私の立場では、拍手を贈りたくなる。それが本物かどうかは、これからの生きざまで証してくれると期待する。

|

« 当事者意識 | トップページ | 雨が降ってたけど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8629755

この記事へのトラックバック一覧です: 立派だったよ:

« 当事者意識 | トップページ | 雨が降ってたけど »