« 茶番劇みたい | トップページ | 橋下さん頑張れ »

2007年9月 6日 (木)

正義の鉄拳

 横浜で、電車内で悪ふざけしていた高校生を、私服に着替えた警官が注意して、それが行き過ぎて平手打ち。酒を飲んでいた。千葉では万引きを問い詰めて、スーパーの店長が男を殴り殺す。何れも逮捕されてるが、どれだけ罪の意識があるのか疑問。

 やって良いこと、悪いことの区別は、難しい議論をしなくとも明らかにある。電車内で騒いじゃいけないし、店頭に並んでいる品物を盗んじゃいけない。だからといって正しければ、何をやっても許されるのかといえば、それはちょっと違うんじゃないか。

 世の中の流れは勧善懲悪、わかりやすいほど袋叩き。罪を憎んで人を憎まずなんて、もはや死語になりかけてる。だけど盗人にも三分の理、どれだけ明白な罪でも、面倒でも手続きを踏んで、公正に裁くのが社会の掟。その結果に誰もが納得するわけじゃない。

 それでも再び意見を主張し、議論を闘わせ、決まったことには従う。抜け道もあるし、詭弁が通ることもあるし、ルールそのものが間違っていることもあるし、苛立つことが多いのは事実。だからといって正義の鉄拳を振るったら、その段階で自分の負け。

 古臭いかもしれないが、自分の立場を鮮明にする。言葉が足りずに認められなきゃ、力不足と出直すしかない。人の陰に隠れて石は投げない。自分で責任を負えないことには関わらない。皆が初心に戻れば、世の中はもう少しわかりやすくなるような気がする

|

« 茶番劇みたい | トップページ | 橋下さん頑張れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7821363

この記事へのトラックバック一覧です: 正義の鉄拳:

« 茶番劇みたい | トップページ | 橋下さん頑張れ »