« 二天一流 | トップページ | 罪の意識 »

2007年9月 9日 (日)

同盟国か属国か

 秋の臨時国会での焦点はテロ特措法の延長。自民党は国際的な使命を果たすのに必要と主張するが、民主党の国連決議に基づかない自衛隊の派遣を認めないとするほうが、筋が通っているような気がする。アメリカに従うことが、必ずしも正しいとは言い切れない。

 日本は戦争に負けて、連合軍に支配されたわけだが、実質はアメリカ軍で、他の国は進駐していない。全国に米軍基地が置かれ、日米安全保障条約で正当化され、それ以来日本はアメリカの核の傘の下に守られていることになっている。誰から日本を守るのか。

 冷戦状況のときなら、共産主義の防波堤。でも、そのときだって米軍基地がなければ、日本はソ連や中国の攻撃対象にはならない。まして今の時代、ロシアや中国が日本を攻めないのは、米軍基地の有無に関わらないのでは。すべてアメリカの国益のためだけ。

 アメリカにすれば日本が経済的成長を遂げたのも、あらゆる面でアメリカが支援したから。恩返しを求めるのは当然の権利。アメリカの戦争に人的、経済的に支援できるように育ててきた。今の世界を支配しているのはアメリカ、それに従うのが国際貢献。

 やはり無理な論法、イラクにしても、アメリカの論理は破綻している。開戦時に真っ先に支持したのが小泉政権。その延長線上にあるのがテロ特措法、実際に給油された艦船はイラクや中近東へ。自衛隊派遣が必要なら、国連決議の手続きを踏むのが道理。

|

« 二天一流 | トップページ | 罪の意識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7861708

この記事へのトラックバック一覧です: 同盟国か属国か:

« 二天一流 | トップページ | 罪の意識 »