« 名古屋へ行くよ | トップページ | 留守の間に »

2007年9月12日 (水)

人生の途上にて

 9月も中旬、虫の音に秋の気配、暑さも峠を越えたよう。今日も朝から書き仕事、ゴールまでの距離が遠いこともあって、ときおり妙に苛立ってくる。内へ内へと向かう意識が、押さえつけられるような圧迫感。いつものことだけど、持て余してしまう。

 しばらくぼんやりしてると、先々のことを考えたりして。気負っていても若くない。いつまで働けるやら、それより生きられるのやら、自分で決められることじゃない。杖をついて妻と寄り添い、黄昏れた風景を歩く姿を想像できない。もうすぐなのに。

 人の一生は長いのか、短いのか。それぞれに思うところはあるけれど、大事なのは後悔しないこと。だからといって悔やまない人生なんて、どこを探しても見つけられない。それならば今の自分を、ありのままに受けとめて、悔いが少ないように生き直す。

 もう随分と生きているのに、さほどのことを成し遂げてない。これからどれだけのことをできるのか、自分の思いだけでは世の中に通じない。支えてくれる人、助けてくれる人がいて、初めて自分の持ち味が活かされる。運もあれば、タイミングもある。

 坂本龍馬じゃないけど、志半ばで溝の中で倒れるにしても、前のめりになって死にたい。自分が自分であると、最期までわかっていたい。それだって、思い通りになるか、ならないか。やれるだけのことをやり切って、天に委ねるしかないのだろうな。

|

« 名古屋へ行くよ | トップページ | 留守の間に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7904860

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の途上にて:

« 名古屋へ行くよ | トップページ | 留守の間に »