« 彼岸に思う | トップページ | 共に生きる »

2007年9月24日 (月)

政治家の常識

 自民党の新総裁は、予定通りに福田康夫氏。街頭演説など総裁選のパフォーマンス、自民党員と国会議員にしか選挙権はないのだから、一般大衆へは新総裁承認のアピール。そんなことをしても、自民党総裁であり内閣総理大臣が起こした辞任劇の事実は消えない。

 新総裁が最初にやるべきことは、所信表明でもなく、まして国会運営でもない。衆議院を解散し、安倍内閣の辞任を承認できるか、安倍総裁を選んだ自民党を許せるか、国民の信を問うこと。それぞれの代議士が、どこまで説明できるか、それを国民が納得するか。

 国会が空転してることもあり、さまざまな法案が山積してるのはわかってる。しかし、どれだけ国民生活に重要な法案でも、いや、重要な法案であればなおさら、根本的な理解を得てからでなければ通してはならない。そのくらい安倍総理の辞任は常識を逸脱。

 安倍さんに同情的な声も聞こえるし、人柄の良さも伝わってくるけれど、一国の総理が国会の開催中に職を辞して、国民の審判を仰がずに通り過ぎるとしたら、それこそ政治屋の手前味噌。民主党を筆頭に野党議員は、筋を通さない自民党を後付で認めるのか。

 政局とかいうレベルの話じゃない。来年の夏頃という話もあるらしいけれど、それは永田町だけで通じる政治家の理屈。政権を途中で放り出した時点で、国民の声を聞こうと思わないのか。頭をすげ替えれば、それで事態を収拾できるのか。私には理解できない。

|

« 彼岸に思う | トップページ | 共に生きる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/8079212

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の常識:

« 彼岸に思う | トップページ | 共に生きる »