« pureな人 | トップページ | リチウム電池 »

2007年8月18日 (土)

白い恋人

 北海道土産の定番だから、何度も買って帰った懐かしい味。ホワイトチョコが珍しい時代に、ネーミングもパッケージも秀逸で、帯広の六花亭と並び称されるほど注目される。聞くところでは、サッカーのコンサドーレ札幌のスポンサー。年商92億円の中堅企業。

 賞味期限の改竄どころか、バウムクーヘンから黄色ブドウ球菌、アイスキャンデーから大腸菌群を検出。当初は魔が差したと言ってた賞味期限の改竄も、実は10年前から常態化してたらしい。代表取締役社長は引責辞任、後任は北洋銀行常務取締役が就任予定。

 賞味期限を過ぎたところで、健康に及ぼす影響は薄いと、無頓着な食品関係者は意外に多い。消費者は神経質にチェックしてるのだけど、意識の乖離があるような気がする。消費者が求めてるのは安全性以上の安心感。不安な要素はすべて払拭してほしい。

 食品の中に何が含まれてるのか、どこから先が基準値を超えるのか、私たち素人にモノサシがあるわけじゃない。国や公共機関が決めたことでも、どれだけ信頼できるか不透明。それでもすべてを疑い始めたら、財布の中のお金では食材も揃えられない。

 だから信用できる企業なら、安心できると自分に言い聞かせる。一度でも裏切られたら、二度と手を延ばさないのは自己防御。その辺りの感覚がわからなきゃ、食品事業を展開できないのに、売れてる現実に気が緩み、経済原則だけで動くのが落とし穴。

|

« pureな人 | トップページ | リチウム電池 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7576793

この記事へのトラックバック一覧です: 白い恋人:

« pureな人 | トップページ | リチウム電池 »