« 選挙は棄権 | トップページ | ネットカフェ難民 »

2007年8月28日 (火)

床屋政談

 安倍改造内閣がスタート、党三役は知られた人ばかり、小派閥か無派閥で、幹事長と政調局長は安倍さんに近く、総務局長は政界の寝業師と称された人。安倍さんとしては、ここを橋頭堡にしたいのだろうな。石原さんの敗戦責任は総理と一緒で不問。

 閣僚は派閥の領袖を揃えて、挙党態勢のように見える。目玉は参院の桝添厚生労働大臣かな。年金問題を初めとして問題山積、論客がどこまで官僚と渡り合えるか、メディアをよく知ってる人だけにパフォーマンスに注目。田中真紀子氏の二の舞にならないか。

 もうひとりの目玉は、前岩手県知事の増田さん。地方の首長経験者を抜擢することで、地方切り捨ての批判を免れようと、アピールが見え隠れする人選。現状の構造改革路線を捉え直す意図はあるのかな。内閣としてどれだけバックアップできるのか。

 一歩間違えれば舟が山に登るかも、お友だち内閣の批判に応えたのだろうが、羮に懲りて膾を吹くの印象も。留任が5人いて、新任の7人のうち4人は大物、新鮮じゃないけど手堅そう。昔の自民党のような感じ。この演出がどちらに転ぶか、これからだね。

 これでダメなら解散総選挙、四面楚歌のメッセージ。スキャンダルが出たら一発で終わり、起死回生の可能性も潜んでる。安倍さんの顔をすげ替えないで、国民が納得するか。その辺りも時限爆弾になりそう。民主党は手ぐすね引いて待ち構えてるだろうし。

|

« 選挙は棄権 | トップページ | ネットカフェ難民 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7704722

この記事へのトラックバック一覧です: 床屋政談:

« 選挙は棄権 | トップページ | ネットカフェ難民 »