« 日本の一番熱く長い夏 | トップページ | 讀賣新聞から取材 »

2007年8月 8日 (水)

大人の責任

 大相撲の横綱、朝青龍関の二場所出場停止と謹慎問題、本人は精神的に不安定な状態と報じられてる。優勝した直後の地方巡業を、病気を理由に欠場すると届けながら、母国のモンゴルでサッカーに興じる画像を報道されたのが原因。厳罰は当然との越えもある。

 確かに一点だけを捉えると、公平で妥当な審理に映るけど、大切なのは朝青龍関が、独りで横綱を張っていた期間も、高砂親方や相撲協会は同じ姿勢で臨んでいたか。心技体を前面に打ち出し、勝つより大事なものがあると指導してきたか。疑問は消えない。

 そこへ新横綱の誕生、手の平を返した態度で臨まれたら、朝青龍関に理解できるはずがない。今まで許されてきたことが、どうして突然に責められるのか。横綱の二場所出場停止も前代未聞だけど、それ以上に打ちのめされるのは蟄居にも似た行動の制約。

 母国へ帰して、自分自身を見つめ直すよう勧める越えもあるが、高砂親方は反対の立場を明らかにして、この機会に朝青龍関を押さえ込む構え。最悪の場合には引退に追い込まれるが、朝青龍関はもちろん、高砂親方も相撲協会も大きな痛手になる結末。

 横綱の責任を問う前に、周囲の大人たちがどう接してきたのか、胸に手を当て考えてほしい。それは決して他人事でなく、私たち一人ひとりに問われること。ルールを教えないから、ルールを守れない。ルールそのものの意味がわからないのだから仕方ない。

|

« 日本の一番熱く長い夏 | トップページ | 讀賣新聞から取材 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7452496

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の責任:

« 日本の一番熱く長い夏 | トップページ | 讀賣新聞から取材 »