« 讀賣新聞から取材 | トップページ | HP80,000アクセス »

2007年8月10日 (金)

夏、真っ盛りだね

 一番町に用事があったので、池袋から有楽町線で麹町へ。そのつもりだったけど、車内アナウンスが新大塚、うっかり丸ノ内線に飛び乗ったみたい。大学も立教で、会社も千早町から音羽だから、この路線で間違えることなど有り得ない。いささかショック。

 大手町で半蔵門線に乗り換えれば、難の問題もないわけだし、約束の時刻に遅れたわけじゃなし、誰も知らないことなのに、やはり心は揺れてる。人生の道は迷っても、都内の路線には自信があったのに、こうした日は空回り。暑さのせいではないと思うけど。

 案の定、初対面の協会の代表理事は要領を得ず、紹介してくれた人の意図も測れない。昼飯にお蕎麦をご馳走になったが、ビジネスに繋がる雰囲気ではない。敢えて言ってしまえばメールで済む話、それでも人と会うのが種蒔き、いつかどこかで実を結ぶかも。

 クールビズの時代なのに、私は真夏でもスーツにネクタイ。自宅での作業はラフなスタイルだから、そのギャップでさらに暑いのかも。自宅に戻ったとたんにシャワー、汗を流すだけで生き返る。射抜かれるような陽射しだけど、ようやく夏を実感するのも嬉しい。

 無駄なことも、無駄じゃないことも、積み重ねられて形になる。先行きが見えないときは、疲れたような気分だけど、それが意外に大事だったりする。声を掛けてもらえるうちが華、じりじりと焼き焦げるような季節だからこそ、生きてる事実を喜ばなきゃ。

|

« 讀賣新聞から取材 | トップページ | HP80,000アクセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7478046

この記事へのトラックバック一覧です: 夏、真っ盛りだね:

« 讀賣新聞から取材 | トップページ | HP80,000アクセス »