« 脳内メーカー | トップページ | 梅雨が明けて »

2007年7月31日 (火)

出処進退

 参院選は予想以上に民主党の圧勝、自民党も公明党も惨敗したけど、共産党や社民党、国民新党も伸びてない。大きな流れとしては二大政党を望んでるのかも。参議院の役割というより、政治のリーダーシップを誰に託すか、国民の投票行動に表れたのか。

 自民党にしても、逆風は意識してただろうが、ここまでとは考えてなかったに違いない。幹事長や参議院会長など要職が辞任を表明する中、安倍総理は開票が終了しない段階で続投を宣言。閣僚の失言や不祥事、過去の年金が敗因で、政策は支持されてると判断。

 年金の問題は、確かに今に始まったことではないし、自民党だけが一貫して政権を担ってきたわけでもない。しかしほとんどが自民党政権で、数年前に国民に負担を押しつけたうえで、これで安心と言い切った責任は重い。庶民の生活を自分の痛みとしてない。

 閣僚の不祥事や失言に、国民は呆れるけど、それで選択を判断しない。数に任せた強行採決、米軍に追従した右傾化、国民は自らの生活を脅かされる不安から、実績のない民主党にすがるしかなかった。選挙結果は明らかに、安倍内閣の責任を問うている。

 安倍総理の選択肢は、辞任して後継者に委ねるか、衆議院を解散して再び国民に信を問うか、二つに一つしかないのは常識。朱書身体を誤ると、政治生命を断たれるばかりか、後世に汚名を刻み込みかねない。事実を直視して、賢明な決断を下さないと。

|

« 脳内メーカー | トップページ | 梅雨が明けて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7334940

この記事へのトラックバック一覧です: 出処進退:

« 脳内メーカー | トップページ | 梅雨が明けて »