« なにか嬉しい | トップページ | 熱い思い »

2007年7月21日 (土)

筋違いでしょ

 民主党が鳩山幹事長名で、安倍総理を東京地検に告発。「年金記録問題への対策」というタイトルで、政府公報を新聞の折り込みで配布したのは、公職選挙法違反という論法。でもね、年金をどうするのか、政府に詰め寄ってるのは国民。それを忘れちゃ困る。

 選挙期間中であろうとなかろうと、一刻も早く具体策を示すのは政府の務め。税金を費やすのも合理的、政権与党としての行為でなく、国を預かる内閣の仕事。野党第一党の民主党の立場なら、国民と同じ側に立って、政府の見解を促すのが仕事でしょ。

 確かに自民党は、農林水産大臣は事務諸費問題を有耶無耶にし、外務大臣は昨日も失言したようだ。お金と政治の問題、官僚に甘い体質、戦後の日本を支えてきたのも自民党なら、次々と露呈する欠陥を放置してきたのも自民党。国民はいささかウンザリしてる。

 そうは言っても小沢さんや鳩山さんも、自民党を背負ってきたはず。自分は離党したからって、責任は免れない。国政に携わった全員が、謙虚に反省すべきが道理。それだけに正々堂々、下手な横槍を入れないほうが、民主党への期待感は高まる。

 民主党が政権与党で、同じ立場なら、一刻も早く情報を提供するだろうし、そうでなければ委ねられない。姑息なアピールをされると、受け皿に渡せなくなる。批判ごっこはもう飽きたし、何も問題を解決しないから、いいかげんに目を覚ましてちょうだい。

|

« なにか嬉しい | トップページ | 熱い思い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7218046

この記事へのトラックバック一覧です: 筋違いでしょ:

« なにか嬉しい | トップページ | 熱い思い »