« 親孝行なのね | トップページ | 四十九日 »

2007年7月12日 (木)

コンセンサス

 人と人がものごとを進めるには、お互いの合意を得るのが必要不可欠。それぞれが納得して、初めて次の段階へ。だけどパワーバランスもあれば、説得力の強い弱いもあるから、合意の内容は客観的に公平とは限らない。それでも決めたら約束、守らないと。

 極端な話はニューヨークのマンハッタン、オランダ人が僅かの品物と引き替えに、ネィティブアメリカンから譲り受けた。契約書に署名捺印すれば、合意の形成が証明される。この手の話は、あちらこちらに転がってる。それでも略奪するより紳士的なのかな。

 お互いに合意したからって、うまくいくとは限らない。平気で約束を破る人にとって、契約書なんて紙切れ同然。お金がないと開き直り、恥じない人たちもいる。相手の義務の履行を迫り、自分は何もしない人もいる。人を見る眼を養わないからいけないのか。

 だからといって合意の形成を、軽く扱うわけにいかない。言葉の重さをわきまえなきゃ、私の仕事など存在しない。どれだけ心の底から納得したのか、次へ進む現実的な裏付けはあるのか、崩れてしまうのは自分にも責任があり、少なくとも力不足は否めない。

 合意を形成するのは大事だけど、それですべてを満たさないと、検証を繰り返すよう求められる。お互いを取り巻く環境も、しだいに変わっていくのだから、確かめないと反故が増えていく。完璧に勝とうとするから、相手が窮屈になることも知らなきゃ。

|

« 親孝行なのね | トップページ | 四十九日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7108178

この記事へのトラックバック一覧です: コンセンサス:

« 親孝行なのね | トップページ | 四十九日 »