« mixiで90,000アクセス | トップページ | 原爆はテロ »

2007年7月 4日 (水)

パラドックス

 組織や個人がどんなポジションに置かれてるか、現状を認識することで次の一歩を踏み出せる。満足できる状態なら、自然に足が前へ進むけど、思惑と違ってれば立ち止まる。今までと同じ繰り返しでは、先行きを見込めないのだから、当たり前だよね。

 やおら周囲を見渡して、うまくいってる成功事例を参照。学ぶ姿勢は必要不可欠、良いところはどんどん採り入れ、強く鍛え上げるのは勝利の方程式。時流を見極め適応しなきゃ、組織や個人の特長を伝えられない。自分の殻の中に引き籠もっていられない。

 足りないところを補うのは良いけど、ここで間違いやすいのは、自分の特長を見失うこと。とりわけ日本人は、明治時代から欧米へのキャッチアップに慣れてるから、新しい手法を提示されて革新を説かれると、チャンス到来とばかりに乗り換えかねない。

 もしかしたら日本人の気質かな。共産党からの転向や全共闘の自己総括など、今までの履歴を全否定。心機一転で巻き返すのが、成功確率が高まると思ってる節がある。やり直すのは良いけど、過去は背負わざるを得ない。良いも悪いも含めて自分なのだから。

 だからといって自分の持ち味にこだわりすぎると、頑迷に陥って二進も三進もいかなくなる。バランス感覚を問われるのは、この辺りかな。自分の足が宙に浮いてないのか、苦しさを乗り越えた後に展望は開けるのか、想像力を働かせなきゃいけないね。

|

« mixiで90,000アクセス | トップページ | 原爆はテロ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/7023555

この記事へのトラックバック一覧です: パラドックス:

« mixiで90,000アクセス | トップページ | 原爆はテロ »