« 生煮えのまま | トップページ | mixiで90,000アクセス »

2007年7月 2日 (月)

仕事の設計図

 働かなきゃ食べていけないから、ほとんどの人は何らかの仕事に就くけれど、たいていの場合はすでに枠組みが決まってる。組織に関わるならもちろんだが、独立するにしても業界の掟やら、与えられた環境やら、無地のキャンパスに絵を描けるわけじゃない。

 そこで必要とされるのは、個人の思惑や意識を、既存の価値観とすり合わせること。それはそうなんだけど、根っこのところまで問い直さない。現象を是認して、利益に直結するスタイルを踏襲。それじゃ前を走ってる人に、いつまで経っても追いつけない。

 大事なのは取り組む仕事の本質。どうしてその仕事が成り立つのか、何を世間から求められているのか、自分はどうしたいのか。最初はわからないから、見様見真似で仕方ないけど、一定の修行期間を経たら、自分自身の足場を確かめないとダメだよね。

 やらなきゃならないのは、既に在る設計図の検証。理念と現実のズレはどこで生まれたのか、その時代の必然は今でも通用するか。自分のものの見方考え方と、どこでどれだけの距離があるか。そこが見えてくると、仕事の設計図をカスタマイズできる。

 そうなると闘うために何が足りないのか、何を準備すれば武器になるのか、具体的な行動指針が明らかになる。きちんと身につけたら一歩を踏み出し、通用するかどうか投げ入れてみる。そのうえで微調整、さらに試行錯誤。それからやっと機能する。

|

« 生煮えのまま | トップページ | mixiで90,000アクセス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/6996968

この記事へのトラックバック一覧です: 仕事の設計図:

« 生煮えのまま | トップページ | mixiで90,000アクセス »