« モノローグ | トップページ | 大宮へ »

2007年6月 6日 (水)

岡山で

 ある企業グループ主催の講演、昨年の2月も同じホテルで講演、4月にはプライベートで旅行、岡山とは縁があるのかも。前日の夕方に到着し、ちゃっかり懇親会に招かれ、大盤振る舞いを楽しませてもらった。担当部長は意欲溢れた好漢、九州男児。

 1時間ほどの講演だったが、水を打ったような静けさ。目が合うとしっかり視線を返し、真剣にメモを取る人も多い。これから伸びようとする企業は、熱気がビンビン伝わってくる。手応えも充分、これからさまざまに関われそうで、期待に胸が躍る。

 心地良い疲れは、講演をやり切ったからか、それとも往復の新幹線のせいか。少し本を読んだりしたけど、車窓に流れる風景に見入り、穏やかな気持ちにさせられた。過ぎゆく街それぞれに、新しいビジネスの予感、積極的に攻め入りたいな。

 私が留守の間に、妻は娘の家へ。今は少しでも、側にいてあげるのが、何よりもの励みになる。私より妻、母の力は偉大。私は脇役として仕えることにしよう。止まった時計を動かすのは、そんなに簡単なことじゃない。ゆっくりと、無理をせず、ちょっとずつ。

 妻が傍らにいることで、娘と孫が少しだけ癒される。妻はくたくたになって、私が足腰をほぐし、少しだけ和らぐ。私は仕事で喜ばれ、心安らかになる。しばらくの間は、こんなことを繰り返し、笑顔を取り戻すしかない。泣いてばかりじゃ、前へ進めない。

|

« モノローグ | トップページ | 大宮へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/6690551

この記事へのトラックバック一覧です: 岡山で:

« モノローグ | トップページ | 大宮へ »