« 米屋の羊羹 | トップページ | 中野で »

2007年6月16日 (土)

流れを呼び込む

 妻と智光山公園へ、菖蒲が満開で見事。風も爽やかだが、歩きやすいのは木陰が増えたから。木々が伸びて空を覆い、柔らかく私たちを包み込む。池の畔にも菖蒲が植えられ、パステールトーンの色彩に癒される。少し歩くと薔薇園に出迎えられる。

 暑い日が続いても、そこはやはり6月、突き刺すような太陽じゃない。額が汗ばんでも、拭えば凌げる程度。雨上がりの大地を踏みしめれば、足下からエナジーを注ぎ込まれ、私の中の生命が躍動する。頭もスッキリして、勢いが増してきそう。

 このところ、ある人から頂戴した講義録を読んでるのだが、流れを呼び込む9つの法則が説かれてる。1物事に真剣に関わる。2自分に素直になる。3勇気を持つ。4情熱を忘れるな。5今ここに生きていることに価値がある。一つひとつ頷けることばかり。

 続いてるのは、6心に壁を作るな。7物事をあるがままに受け入れろ。8前向きに生きろ。9徹底的に信頼することしか価値は生まないと思え。どうやらユングの説くシンクロニシティーを踏まえ、アメリカでフローの研究から導かれた成功法則らしい。

 大事なのは、これをどう読み解き、具体的に落とし込むか。諸々とヒントを示唆されたような気になってる。もう少し掘り起こし、突き詰めて、伝えられる形に仕上げたい。自然に身を委ねると、素直な気持ちになって、新しいものを貪欲に吸収できる。

|

« 米屋の羊羹 | トップページ | 中野で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/6799182

この記事へのトラックバック一覧です: 流れを呼び込む:

« 米屋の羊羹 | トップページ | 中野で »