« 閑話休題 | トップページ | 逃げ場、隠れ家 »

2007年5月10日 (木)

長閑なり

 暖かい日が続いて、初夏を迎えたような気分だが、暦の上では未だ春。いくつかの懸案事項も片付いて、明日から諸々と続くけど、束の間に訪れた何もない日。のんびりと近所を散歩して、急がない仕事を進めてる。気持ちがゆったりしてると空気も柔らかい。

 賢い人たちが準備を整えてくれて、今までなら出会えなかった人たちともコミュニケーションをとり、新しい可能性を切り開いてくれてるが、ひねもすのたりのたりしてると、人間ってそれほどは変わってないような気もする。紀元前も同じ太陽に照らされてた。

 この季節になると、田舎暮らしということもあるのだが、路地を曲がると孔子や老子に出会いそうな気がする。ソクラテスが普通に哲学を説いていたり、白昼夢に過ぎないのだが、人と人の営みは悠久の時間の流れの中で、本質的には同じじゃないのかな。

 観念を掘り下げるのは、或いは知的遊戯で、何も生み出さないのかも。でも、それが結構楽しいんだな。余計なことを考えるから人間で、種の存続だけに誕生したなら、寿命は30歳もあれば充分。自分を中心にしても、思考と行動のパターンは無限大。

 私ひとりの人生でも、子どもの頃は外国なんてお伽話の世界。それがいくつかの国を巡れたし、若い人たちには遠くない距離。昔の人は、山里に生まれたら、海を見ず死ぬのが当たり前。少し想像力を働かせれば、どれだけ恵まれているかよくわかる。

|

« 閑話休題 | トップページ | 逃げ場、隠れ家 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/6364152

この記事へのトラックバック一覧です: 長閑なり:

» 田舎暮らし [週末農業と田舎暮らし 週末農業で健康生活]
引退世代や若者にも、田舎暮らしが人気なんです。いらいらすることの多い忙しい都会の喧騒を逃れ、自然と一体になって暮らすことは、精神的にも豊かなります [続きを読む]

受信: 2007年5月11日 (金) 22時20分

« 閑話休題 | トップページ | 逃げ場、隠れ家 »