« 改めてスタート | トップページ | 風に吹かれて »

2007年4月 2日 (月)

日本人の宗教観

 日本人はどこが凄いのか、特質はいろいろあるが、その中でも一番に挙げられるのが、人の話をよく聞く姿勢。自己主張する前に、相手の立場を理解しようとする。七人の話を同時に聞いた聖徳太子の時代から、衆知を集めて和を説くのが日本人のスタイル。二元論で世界を捉えない。

 お正月に神社を詣で、クリスマスを楽しみ、葬式はお寺に頼む。日本人には何の不思議もないが、これは極めて稀な宗教観。仏教が伝来し国家鎮護の役割を担っても、八百万の神々を崇める姿勢を保つ。国家神道の時代に廃仏毀釈を唱えても、お寺を大切にする風潮は消えない。

 人によっても時代によっても異なるが、日本人にとっての宗教は、基本的に文化であって哲学ではない。その典型がキリスト教の伝来、西洋の技術と科学を学ぶために、信長は布教を受け入れたが、影響力の大きさに驚き、後になって家康が弾圧するが、南蛮寺などの発想は日本流。

 内村鑑三の『代表的日本人』には日蓮が描かれてる。異教徒であることよりも生き方に共感し、人物として認めるのが日本流。何を信じているかでなく、どう生きてるかを問うてる。こうした発想の原点には、常に人間を中心にした思考があり、厳しいまでの当事者意識が脈々と流れてる。

 神仏という言葉があるけど、日本人の宗教観は、人智を超えた存在は須く崇め奉る。自らが一歩退いて、謙虚に対応するのを、自然に身につけてる。一神教ではないが、無宗教というのとも違う。他人が信じる神を、自分が信じる神と、同じように敬う。私には、それが素晴らしいと思える。

|

« 改めてスタート | トップページ | 風に吹かれて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5942410

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の宗教観:

« 改めてスタート | トップページ | 風に吹かれて »