« 公園を歩いて | トップページ | 遅々として進まず »

2007年4月 9日 (月)

人を選ぶには

 統一地方選ということで、私が暮らす狭山市でも埼玉県議選。ところが立候補者の顔もわからない。調べておかない自分の手落ちだが、広報も届いたのかどうか覚えてない。他の地区では無投票で当選が決まるケースも。国政と比べると盛り上がりに欠ける。

 これが知事選ともなれば、いささか雰囲気も違うし、市議選ならば身近なのに、そんなことを考えるのは当事者意識の欠如。棄権するよりマシと、散歩がてらに妻と投票所の小学校へ。取り敢えず権利は行使したが、スッキリしない気分は拭えない。

 正直に言って立候補者も少なく、日常との関わりも見えにくいから、スルーする人が増えるのもわかるような気がする。立候補者にすれば地盤を固めるのが先決、遠い将来を見据えて政治を語るのは後回し。選ぶ側が意識しなきゃ、現状は変わらないのに。

 よく考えてみると、これは政治に限ったことではない。判断に迷うときは、平気でスルーしてるけど、それは棄権するのと同じ。誰かがチャンスを掴んでる。スルーを繰り返してると、いつの間にかどこかへ流される。不平不満を呟いても、後の祭りになるだけ。

 それがイヤなら、自分がどうしたいかをハッキリさせ、何を選ぶかを決めなきゃならない。眼鏡にかなう人がいなくとも、一番近い人と繋がって、関わりの中で影響を及ぼせば良い。能書きを垂れるより、最初の一歩を踏み出す。何にでも当てはまる気がする。

|

« 公園を歩いて | トップページ | 遅々として進まず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/6023372

この記事へのトラックバック一覧です: 人を選ぶには:

« 公園を歩いて | トップページ | 遅々として進まず »