« 硝子張りにして | トップページ | そりゃそうだ »

2007年3月 9日 (金)

結婚できない

 厚生労働省の調査で、非正規社員の男性は正社員の男性と比べ、4割しか結婚できない。既婚者の女性で子どもがいるのは、非正規社員は正社員の5割。少子化対策を実効性のあるものにするには、雇用関係を捉え直さねばならないと、改めて浮き彫りにされた。生活が安定しないと家庭は営めない。

 02年10月末時点で20〜34歳の男女を対象に、毎年同じ人を追跡調査したというから、かなり確率の高い情報で回答者も1万9千人。1回目の調査で独身だった男性のうち、正社員は15%、非正規社員は6%、無職は4%が結婚。女性には大きな格差は表れなかったという。

 ところが結婚した後では、出産した女性は正社員で33%、非正規社員で16%、育児休暇も取れず雇用も不安定なら、夫婦共働きはできても子どもは育てられない。そんな声が聞こえてくるような気がする。人件費を削り続けたら、少子化は解決できず、産業も先細りになるという構図。

 たとえ結婚して、子どもができても、生活が安定しなければ、破局を招く確率は高まる。日本人は穏やかな農耕民族で、競争を望んでる人ばかりじゃない。今のままの政策を続けるなら、アメリカのように多民族国家へ生まれ変わり、日本人であることのこだわりを捨てるしかないような気がする。

 どうして小さな島国で、皆が仲良く暮らせないのかな。成功してる人は、それじゃ足りないのかな。日本に赤ちゃんがたくさん産まれて、慎ましくても笑顔の絶えない家族が増えて、それを幸せと思わないのだろうか。お金だけを求めていたら、日本は日本でなくなってしまうかもしれない。

|

« 硝子張りにして | トップページ | そりゃそうだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5620448

この記事へのトラックバック一覧です: 結婚できない:

« 硝子張りにして | トップページ | そりゃそうだ »