« 悪魔の声だとか | トップページ | 独り善がりでしょ »

2007年3月 2日 (金)

永大産業の再上場

 1800億円の負債を抱えて、78年に会社更生法を申請した永大産業が、29年振りに東証二部に上場した。元々は46年に大坂で合板の製造及び販売を業として創立。ツーバイフォーの住宅を販売し始めたのは71年、住宅都市整備公団より内装プレハブ業者に指定されたのが74年。

 要するに全国区となってから、10年も経たずに倒産してる。売上は急激に伸びても、利益を伴わないだけでなく、人材を育てられなかったに違いない。急成長の見かけとは裏腹に、内実は火の車だったから、当時としては戦後最大の倒産と呼ばれるほど負債が膨らんだ。

 それが再生できたのは、住宅事業から撤退し、インテリアおよび建材の事業に転換したから。言ってしまえば創業期に戻り、一番の強みを極めた。この辺りに他産業にとってもヒントが示唆されてる。外へ向かって拡大するのでなく、内へ向かって掘り下げたから、マイナスを払拭できた。

 自分の会社の財産は何か、ヒト・モノ・カネと言われるけど、場を得なければ活かされない。お金を積めば会社だって買えるけど、事業を発展させるのは紛れもなく人。そうは言っても人材はオールマイティじゃない。それぞれの場で知識と経験を積んで、その道を極めてやっとプロになる。

 今の業績がどんなに良くとも、本気で人材を育てない会社は、これからの時代に間違いなく淘汰される。頭でっかちの秀才ばかり揃えても、足腰が付いてこなければ、有名企業が多額の負債を抱えて倒産するか、それとも不祥事がァ摺見に出て社会から淘汰される。

|

« 悪魔の声だとか | トップページ | 独り善がりでしょ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5539777

この記事へのトラックバック一覧です: 永大産業の再上場:

» 住宅 ローン シミュレーション [住宅 ローン シミュレーション]
シリーズ『住宅ローンのギモン、なんでも答えます!』の中で住宅ローンの銀行審査が通る基本的な考え方を紹介しました。ですが基本的なポイントではクリアしてても、住宅ローンを組む本人の様々な事情や条件によっては、断られてしまうことがあります。 ここでは「傾向と対策」と銘打って、銀行審査で断られるパターンを紹介しながら、断られないための事前にできるチェックポイントを紹介してみましょう。... [続きを読む]

受信: 2007年3月 2日 (金) 23時30分

» インテリアコーディネーター資格を取得してインテリアコーディネーターになるためのアドバイス [インテリアコーディネーター資格を取得しよう]
インテリアコーディネーター資格を取得してインテリアコーディネーターになるための方法を、事細かくシンプルに紹介! [続きを読む]

受信: 2007年3月23日 (金) 10時46分

« 悪魔の声だとか | トップページ | 独り善がりでしょ »