« 武士の情け!? | トップページ | ひとつの見識 »

2007年3月17日 (土)

何が裁かれたのか

 ライブドアの前社長、堀江貴文氏に対して、東京地裁は証券取引法違反で2年6ヶ月の実刑判決。執行猶予は認められず、検察庁に身柄を拘束される。すでに再保釈は申請されてるが、東京地裁が決定権を持ち、再保釈された場合でも検察が抗告すると、今度は高裁が判断することになる。

 弁護側は上告し、最高裁まで審議されると予測されるから、結審までのプロセスを考えれば第一ラウンド終了。これまでに明らかになったことでも、堀江氏が会計ルールに疎く、違法性を認識していたとは思えないから、問われているのは代表取締役としての責任。事件を主導してはいない。

 それでも塀の中に閉じこめようとするのは、堀江氏の活動が社会に悪影響を及ぼしたと判断されたから。それが社会全般なのか、それとも既得権者の権益なのか、その辺りの判断は微妙。一方で規制緩和とグローバルスタンダードを推し進め、一方でモラルの遵守を強要してるのか。

 堀江氏に罪はないとは思わないが、エスケープゴートの印象を拭えない。堀江氏を初めとする経営幹部の逮捕、そして上場廃止という流れの中で、ひとつのベクトルは断ち切られた。それが日本経済にプラスかマイナスか、意見が分かれるところのような気がする。議論は継続されるのだろうか。

 堀江氏の最大の罪は、代表取締役としての自覚の欠如。それ以上でも、それ以下でもない。過去の判例はわからないけど、社会的糾弾はすでに受けてる。意欲も才能もある人だから、反省すべきを反省して、世の中に役立つよう再チャレンジしてほしい。潰すだけが解決じゃない。

|

« 武士の情け!? | トップページ | ひとつの見識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5716082

この記事へのトラックバック一覧です: 何が裁かれたのか:

« 武士の情け!? | トップページ | ひとつの見識 »