« 清話会セミナー特別優待ご案内 | トップページ | 新卒採用増の意図 »

2007年3月22日 (木)

全学連が座り込み

 60年安保闘争に参加した全学連の元闘士ら50人が、国民投票法案の廃案を訴え国会前で座り込み。杖を片手の人もいたというが、皆が70歳前後だから仕方ない。参加者のひとりは「運動を高揚させていけなかった過去に悔いがある」と語ったらしい。正直に言って、今さら何をと思ってしまう。

 私が高校生の頃に70年安保、東大安田講堂への放水や浅間山荘事件など、革命は時代の潮流のように見えた。その一方で三島由紀夫が自衛隊市ヶ谷駐屯地で割腹自殺、熱にうなされるように社会と思想を問い続け、いかに生きねばならないかを真剣に考えていた。私の髪は肩まで伸びていた。

 ところが大学生になると、全共闘はいささか浮いた形になり、数年後輩になると本も読まない。革命を語った先輩たちは、いそいそとスーツに着替えて就職活動、大手企業の内定を得意げに報告する。状況が変わっても組織の一員の感覚は同じ、全体の繁栄のために個人の幸福は後回しにする

 そのパラダイムを捉え直さなきゃ、パフォーマンスは三文芝居。組織を継続させるためなら、大量解雇もやむを得ないという発想。日本の国際的地位を高めるには、自主憲法を制定するべきという思考。カテゴリーとしては一括り。自分たちがどう生きてきたか、総括するのが先じゃないのか。

 先輩に対し厳しいことを言うようだが、国会前で過去の栄光に酔う同窓会。改憲の動きが強まる時代と嘆いてるらしいが、そこへ導いてきたのはあなた方の世代。マルクスなのか行動科学なのかは違うにしても、欧米へのキャッチアップを唯一の方法として、自分の頭で考えてこなかったのは一緒。

|

« 清話会セミナー特別優待ご案内 | トップページ | 新卒採用増の意図 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/99210/5769736

この記事へのトラックバック一覧です: 全学連が座り込み:

» 内定を辞退する時の理由で悩むな! [内定を辞退する時の理由で悩むな!]
内定を辞退する時の理由で悩むな! [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 17時44分

» タウンワーク [タウンワークに決定!近場の求人ならタウンワーク]
タウンワークの情報を紹介します。無料でもらえるタウンワークは仕事探しの強い味方ですね。就職に役立つ情報もたくさん紹介。 [続きを読む]

受信: 2007年3月22日 (木) 18時09分

» 国民投票法案は小選挙区制に次ぐ第2の死票制度 [平和への結集第2ブログ]
実際の国民投票では、有権者は様々な記号を使って様々な方法で記載することが予想されます。 例えば○や×は、「賛成」「反対」の記載欄を肯定的/否定的に選択する記号として使用できるだけではなく、改憲案そのものに「賛成」「反対」の 意思表..... [続きを読む]

受信: 2007年4月 5日 (木) 13時17分

« 清話会セミナー特別優待ご案内 | トップページ | 新卒採用増の意図 »